COLOR COMMUNICATIONS(カラーコミュニケーションズ)と申します。その名の通り、色で伝えるといったコンセプトで、see(見る)、feel(感じる)、express(表現する)、をキーワードとしたアパレルブランドです。10代から始めたスケートボードの世界観と、自身の感性で人々に色々な形で伝えていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

代表:小原 祐一

hello, my name is color communications / apparel brand. see / feel / express / created in japan, that’s our words. i like to express with my colors through this project. thank you.

yuichi ohara

BIOGRAPHY

1991年
15歳まで東京で生活をしたが、突然父親の転勤の為アメリカ東海岸、New Jeresey州に渡米した。
現地の公立の高校に通い始め、英語もさっぱりだったが、幼少から好んでいた絵で
市や州などのコンクールに作品を出展し佳作などの賞をもらった。
この頃、バンズシューズが好きだった自分は 突然スケートボードを通信販売で購入する。
言葉もわからなかったが、このスケートボードとの出会いで自然と
友達もでき言葉の壁を少しずつ超えることができた。

1992年
地元にSub Zeroというスケートショップ(のちにFailure, Network17になる)ができ、そこに行き来するようになり
ローカル雑誌に出す広告やロゴの依頼を受けいくつか制作した。この頃Thrasherという雑誌に初めて写真が掲載された。

1994年
高校卒業し、1度日本に帰国するがスケートボードや仕事の為アメリカ西海岸、California州にまた渡米する。
Network17というショップの立ち上げからそこに就職し、ショップの オリジナルアイテムやロゴの制作をする。
ショップライダーとしても活動し、 411というビデオマガジンにも2度出演した。
この頃エレメントというスケート ボードブランドからフローライダーとしてサポートを受け始め、
エレメント のジャパンツアーのガイドも務めた。

2001年
10年間のアメリカ生活を経て日本に帰国し池袋に拠点をおき、日本のスケートボード雑誌、ビデオなどに掲載、出演した。
またカリフォルニア ストリート/FTCのコラボデザインなども手がけた。

2005年
カラーコミュニケーションズを立ち上げ現在に至る。

以下は、自分が今までにスケートボードで雑誌等に掲載された一部です。